美肌の人がやっている10の習慣

女優さんやモデルさんをはじめ、私たちが「キレイだな」と感じる人は、肌が美しい人が多いですよね。そしてこのような美肌の持ち主は、キレイで若々しい肌を保つためにちょっとした習慣を毎日積み重ねているんです。

この記事では、美肌の人ならやっている10の習慣を、スキンケア編と生活習慣編の2つに分けて紹介していきます!自分ができそうと思える習慣から取り入れて、今日から1歩ずつ美肌に近づいていきましょう♪

青木青木

はじめまして、この記事のライターを務めたコスメコンシェルジュの青木です。この記事を通して、理想的な肌に近づける方が少しでも増えると幸いです!

美肌の人がやっている10の習慣

それでは早速、美肌の人がやっている10の習慣をチェックしていきましょう♪

スキンケア編

まずは、美肌の人がやっているスキンケアの習慣を紹介していきます。スキンケアは毎日行うからこそ、差がつきやすいところ。少しづつでも取り入れていきましょう!

1.スキンケアは「保湿」を徹底する

美肌のためには保湿が大切

肌がキレイな人は、肌の「保湿」にかなりこだわっていることが多いです。それは肌の乾燥が肌荒れやシミ、くすみなど、ほとんどの肌トラブルの原因になることが多いから。そのため、肌を乾燥させないためにも毎日のスキンケアでは保湿を重点的に行うのが大切です。保湿力のある洗顔料、化粧水や乳液を使うだけでなく、スキンケアの方法を変えるだけでも保湿力は高めることができるので、方法については後ほど詳しく解説していきますね。

保湿力をアップさせるスキンケア方法を先にチェックする>>>

2.肌タイプに合わせたケアをする

美肌には肌タイプに合わせたケアが必要

スキンケアは自分の肌タイプに合った化粧品を使い、効果的なケアをするようにしましょう。特に乾燥肌や敏感肌の人は間違ったケアをしていると肌の乾燥や肌荒れをさらに加速してしまう可能性があるので、自分の肌タイプに合った化粧品や方法でケアしていくことを心がけましょう。乾燥肌や敏感肌の人は肌が弱まっていることが多いので、「乾燥肌向け」「敏感肌向け」「無添加」などをと書かれている化粧品がおすすめです。

3.エイジングケアを意識する

美肌になるためにエイジングケアを意識する

いつまでも若々しい肌の人は、若いうちからエイジングケア(※)をしている場合がほとんどです。エイジングケアを始める年齢に早すぎるということはなく、エイジングケアはなるべく早く始めるのが理想です。
最近では様々なブランドからエイジングケア化粧品なども登場しているので、ぜひこれを機会にエイジングケアを始めていきましょう!

(※)この記事でいうエイジングケアとは、年齢に応じた肌のお手入れのことを指します。

4.紫外線ケアを徹底する

美肌のためには紫外線ケアを徹底する

シミやシワのない美しい肌を保つためには、紫外線ケアもとても大切です。紫外線を浴び続けると「肌のバリア機能」が大きく低下してしまい、肌の乾燥やシミなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

そして紫外線は夏だけでなく、一年を通して降り注いでいることもしっかり意識するようにしましょう。そのため美肌の方は、日焼け止めをはじめとした紫外線ケアを、夏だけでなく一年中行っているという方が多いです。

5.週に1日はすっぴんで肌を休める

週に1日はすっぴんになる

毎日のメイクは肌にとって大きな負担です。そのため、週に1日はすっぴんで肌を休ませてあげられると良いでしょう。いつまでもキレイな肌の人は、肌をしっかり労わってあげている人ですよ。

生活習慣編

美しい肌を手にいれるためには、毎日の生活習慣もとても大切になってきます。
肌は「身体で一番大きな臓器」と言われているほどなので、生活習慣を見直して身体の内側からもしっかりケアしていきましょう♪

6.食事は3食。なるべく決まった時間にとる

美肌のためには食事を3食摂る

まず、生活習慣の基本である食事は毎日3食とることを心がけましょう。朝食を抜いてしまう人も多いですが、朝食をしっかり摂ることで肌を目覚めさせ、血行を促進させることができます。血行を促進させることは肌のくすみや目のクマの予防につながるので、美肌を保つ上で大切です。

そして3食とることに加え、食事をとるタイミングにまで気を配れると◎。3食を決まった時間にとると、内臓が正常に動きやすくなるので、美肌の大敵である便秘を防いでくれます。便秘になると、血液中に老廃物が溜まり、肌細胞の生まれ変わりが正常に行われにくくなると言われています。

7.毎日ビタミン群をとるようにする

美肌のためにはビタミンが大切

美肌のために必要な栄養素は様々ありますが、その中でも特に大切なのがビタミン群です。肌荒れに効果を期待できる「ビタミンB2」や「ビタミンB6」、肌細胞の生まれ変わりを促す「ビタミンA」、シミのもとになるメラニンの生成を抑える「ビタミンC」など、ビタミン群は美肌のためにはとても大切な栄養素になります。野菜や果物に含まれている場合が多いですが、忙しい方などはサプリメントなどで摂取するのも良いでしょう。

ビタミン群の代表的な食材
ビタミンB2
乳製品、卵、レバー、うなぎ、納豆、わかめ、干しシイタケ など
ビタミンB6
鶏むね肉、赤身魚、バナナ、大豆、サツマイモ、玄米 など
ビタミンA
レバー、うなぎ、にんじん、バター、鶏卵、小松菜 など
ビタミンC
ピーマン、ブロッコリー、苺、レモン果汁、菜の花 など

8.水を毎日1.5~2L飲む

美肌のためには水を毎日飲む

肌がキレイな人は、“水”をこまめに飲んでいる人が多いです。というのも、人間の体の約60%は水分でできており、水分が不足すると、肌が乾燥したり、肌細胞の生まれ変わりが起こりづらくなったりというような様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。そのため、”水”をとることは美肌のためにとても大切であり、1日あたり1.5~2Lを目安に飲むことが推奨されています。温度としては、内臓を冷やしすぎないためにも、体温に近い38℃くらいが良いでしょう。

また、水分を取ればよいと考えてお茶やコーヒーをたくさん飲む人がいますがそれはNG!お茶やコーヒーなどに含まれているカフェインには利尿作用があり、水分を余計に排出してしまう可能性があるので、しっかり”水”を飲むようにしましょう。

9.睡眠時間をしっかり取る

美肌のためには睡眠が大切

健やかな肌を保つためには、睡眠の質を高めることがとても大切です。肌細胞の生まれ変わり(=ターンオーバー)を促して若々しい肌を保つためにも、少なくとも6時間の睡眠時間を確保することを心がけましょう。また、肌のターンオーバーは22時~深夜2時にかけて活発化するので、22時前に就寝できると肌にとっては理想とされています。

10.ブルーライトに当たりすぎない

美肌にはブルーライトカットが大切

ブルーライトとは、スマートフォンやPCから出ている可視光線の一種で、第3の紫外線と呼ばれています。ブルーライトには肌を老化させる酵素が含まれており、シミやシワ、くすみといった肌トラブルの原因になります。特に、就寝前にくスマートフォンやPCを長時間見ると、目が疲れるだけでなく体内時計が狂う原因にもなるので、就寝前にはなるべくブルーライトを浴びないように心がけましょう。

ブルーライトの量をなるべく下げるためには、

  • スマートフォンやPCの液晶の輝度を下げる
  • ブルーライト軽減アプリを入れる
  • ブルーライトカット眼鏡をかける

などの方法があるので、スマートフォンやPCに触れることの多い方はぜひ取り入れてみましょう。

美肌に導く!保湿力アップのスキンケア方法

ここからは、美肌のために必要な保湿力アップのスキンケア方法を紹介していきます!同じ化粧品を使っても効果をさらに高めることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ステップ1.クレンジング・洗顔は優しく

美肌になるにはクレンジング・洗顔は優しくする

クレンジングは多すぎても、少なすぎても肌に刺激を与えてしまうので、メーカーの決めた適量をしっかりと守るようにしましょう。洗顔はしっかりと泡立てて肌への摩擦を減らすのが大切。どちらもゴシゴシと肌をこするのはNGなので、洗い流すときもなるべく優しく行うようにしましょう。

青木青木

洗い流すときのお湯はぬるま湯(32℃~34℃)が理想です。熱すぎると肌への負担となってしまうので、熱くても40℃以下は必ず守るようにしましょう。

ステップ2.化粧水で水分をしっかり補給

美肌のためには化粧水で水分をしっかり補給させる

一般的に化粧水は、手で付けるか、コットンを使うかの2つに分かれます。それぞれメリットがあるので、自分の肌と相談しながら手順をおさえて保湿力をアップさせましょう!

手を使うメリット
・肌の調子を見ながら付けられる
・量を使いすぎない

コットンを使うメリット
・衛生面で安心
・肌への浸透力が高い

・手を使って化粧水を付けるときの手順
  1. 1. 適量を手にとり、額や頬など広い部分に優しく塗布します

  2. 2. 目元や口元などの細かいところにも、指の腹で押さえる様にしながらしっかりとなじませます

  3. 3. 両手で優しく顔をハンドプレスします

・コットンを使って化粧水を付けるときの手順
  1. 1. コットンの裏側まで濡れるくらい、コットンに化粧水をしみこませます

  2. 2. 内側から滑らせるようにして優しく肌に馴染ませます

  3. 3. 最後に優しくハンドプレスして化粧水をしみ込ませます

ステップ3.美容液・乳液で保湿力アップ

美肌になるためには美容液を使う

美容液と乳液は、以下の手順を踏まえて使うと、肌の負担を減らすことができます。どちらも肌の保湿のためには必要なアイテムなので、今まで使ってこなかった方はぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみましょう。

  1. 1.適量を手にとり、体温で少し温めます

  2. 2.少し時間を置いて手の温度で温める

  3. 3.おでこ・鼻・頬・あごに点置きして、外側に向かって馴染ませる

  4. 4.目元や口元など気になるところには重ねづけする

  5. 5.最後に優しくハンドプレスする

ステップ4.保湿クリームでスキンケアを締めくくる

スキンケアの最後は保湿クリームで締めくくりましょう。スキンケアの最後にしっかり油分で肌に蓋をしてあげることで、肌の潤いを保つことができますよ!

保湿クリームの効果的な塗り方

顔用クリームの塗り方

  1. 1.適量を手にとる

  2. 2.少し時間を置いて手の温度でクリーム温める

  3. 3.おでこ・鼻・頬・あごにクリームを点置きして、外側に向かって馴染ませる

  4. 4.最後に優しくハンドプレスする

青木青木

手にとる量は各アイテムに記載されている適量を参考にしましょう。多すぎても少なすぎても効果を出にくくなってしまうので注意しましょう。

+α.フェイスマスクでスペシャルケアも!

フェイスマスクは、使わなくても問題ないですが、美肌の持ち主はフェイスマスクを使っている場合が多いです。普段のスキンケアに加えて使うことで、美容効果を高めることができますよ!

ポイント1.使用頻度・時間は必ず守る

フェイスマスクの使用頻度・時間は必ず守る

フェイスマスクはアイテムごとに使用頻度や目安時間が書かれているものが多いです。書かれている場合はその頻度や時間を必ず守るようにしましょう。一般的には、毎日使うタイプのフェイスマスクと、週に1~2回ほど使うフェイスマスクがあるので、自分のフェイスマスクがどちらのタイプかを確認してから使うのがおすすめです。

青木青木

一般的にフェイスマスクは、入浴後や化粧水を付けた後に使うのがおすすめとされています!

ポイント2.保管するときは、「横向き・常温」が合言葉

フェイスマスクは常温で横向きに置く

フェイスマスクの保管の基本は、「横向き・常温」です。

横向きに保存するとシートの隅々まで美容液が染みわたるので、より効果を実感しやすくなります。

また、フェイスマスクを冷蔵庫などに入れて保存されている方をたまに見かけますが、これはNG!
冷えたフェイスマスクは毛穴を引き締めてしまい、美容液が浸透しづらい肌に・・・

保管するときは直射日光を避けて、常温の保存を意識しましょう!

まとめ

ここまで、美肌になるために大切な「10の習慣」と「保湿アップのスキンケア方法」を紹介してきました。美肌に近づくためには、毎日のちょっとした習慣の積み重ねが大切になってくるので、ぜひ意識して取り入れてみてくださいね♪